Docker コマンドまとめ

よく使うコマンドのまとめ。

Dockerイメージ

# 現在ダウンロード済みのイメージ
docker images

# イメージ 削除
docker rmi <イメージ名>

# イメージのダウンロードのみ
docker pull <イメージ名>

# イメージの詳細を確認
docker inspect <イメージ名>

Dockerコンテナ

# 実行中コンテナ一覧
docker ps

# 実行中、停止している状態で残っているコンテナ一覧
docker ps -a

# コンテナの削除
docker rm <コンテナ名>

Dockerfile

関係としては以下。

Dockerfile → Dockerイメージ → Dockerコンテナ

  • FROM: イメージ作成のベースとなるイメージ
  • RUN: イメージ作成(ビルド)時にコンテナで実行するコマンド
  • CMD: コンテナを新規作成して実行した際にデフォルトで実行されるコマンド。なお、docker runでコマンドを記述した場合は上書きされるl
  • ENTRYPOINT: CMDと同じ。ただし上書きはされないため、コンテナ起動時に実行したコマンドを書く
  • ENV: イメージ作成に設定したい環境変数
  • ARG: ビルドする際に一時的に使用する環境変数
  • USER: コンテナ内でコマンドを実行する際のユーザーを指定する。デフォルトはrootとなる
  • WORKDIR: 作業ディレクトリーを移動する際に使用する
  • ADD: ローカル上のファイルをイメージにコピーする際に指定する。tar形式のアーカイブファイルの場合はコピーしたあとに展開される
  • COPY: ローカル上のファイルをイメージにコピーする際に指定する。なおアーカイブの展開やURLの指定はサポートしていない。

ビルドコマンド、末尾の.はビルドコンテキスト。
基本的にはcdでDockerfileがある場所に移動して実行すれば良い。

docker build -t <イメージ名のタグ名> .